ブログトップ

わんこのヘタレ模型

wankomokei.exblog.jp

プラモ製作記

そーっとブログ再開w

色んなことありました。

拙ブログは、一見48に見える72を とのコンセプトでしたが
残り少ない?モデラー寿命を考えて、尽きる前にこれをとの思いで、製作開始します。

72で施すディテールアップの感覚は、32ではいったいどうなるのか?
自分のなかでは、72でそれだけやれたのなら、32なら倍のディテールをできるじゃないか?
という漠然としたイメージがありましたが、あまいあまいw
実は全く逆なお話ですよと感じています。
72は小さいので、なんちゃってが許されるといいますか、アバウトでもそれなりに見えるんですが、
32だと、なんちゃって表現は即「違うな それ」で鋭く指摘される大きさなんですなw

老眼が進み、手元が怪しくなってきた拙者が取れる技は
もはや南蛮渡来の蜜物しかございませんw

老骨に鞭打って頑張っている ファントムを作るべし!
との神のお告げで、製作開始するのは
d0200635_21135137.jpg
泣く子も黙る?タミヤの32ファントムF-4EJです。
かなりの老キットですが、32で国産唯一の空自ファントムキットです。
CAD金型全盛の昨今ですが、木型でここまでのパーツ精度とモールドは、
古き良き時代の職人技を感じさせる やはり凄いキットです。

d0200635_21233439.jpg
当然72とは比べ物にならない大きさと情報量です。
写真は、40年ぶりにお風呂に入っていただき、乾燥中のパーツ一覧です。
国産ですから、離型剤は気にするほどじゃないかと思いますが、
最高の仕上がり(当社比)を目指しますんで、一晩じっくりと中性洗剤浴していますw

厄介なのは南蛮渡来のサードパーティーでして、
こちらはがっちりとあく抜きしないと危険ですから
次回にお披露目しますねw

ではまた101.png



[PR]
by wanko1181 | 2018-03-11 22:04 | ファントム製作で委員会?w | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード