ブログトップ

わんこのヘタレ模型

wankomokei.exblog.jp

プラモ製作記

アーム類パーツの制作状況です。
四苦八苦しながらも、なんとか形になってきましたw

d0200635_22332332.jpg

d0200635_2233379.jpg


リフト機能とするには、パーツ寸法の精度を確保しなければなりませんが、
同じ形状のものをフルスクラッチで複数作るって、ホントにしんどかった (||´Д`)o
特に、関節部の穴開けでは、ピンバイスがほんの少し傾いただけで、アレマ!になりますw
集中して連続作業したほうが、形状のばらつきは減ると解ってはいても、
パーツ1個を切り出すたびに一服。
穴1個開けるたびに一服の繰り返しで、時間がかかっちゃいましたw
途中で何度レジン複製への変更を考えたことかw
パーツの成形精度には誤差がありますが、気にしないで次に進もうと思います。
なんとかなるさでwww
[PR]
# by wanko1181 | 2012-08-29 22:51 | A-6A intruder | Comments(0)
北海道モデラーズエキシビジョン2012です。
沢山の展示作品の中で、わんこが唸ったのは
「みにすけ屋」さんの作品です。
念のためですが、これらは全て72スケールでして
決して35じゃあないんですぞ!
d0200635_233752.jpg

d0200635_22535285.jpg

ミニ(72)AFVモデラーの方ですが、細部の超絶な作り込みはもちろん、
フィギュアの塗装にも、思わず見入ってしまうほどですemoticon-0126-nerd.gif
昨年のシャーマンも凄かったけど、カチューシャの制作精度やフィギュアの動きには汗が出ますw
d0200635_2254388.jpg
d0200635_22541196.jpg
d0200635_22542020.jpg
d0200635_22543390.jpg

d0200635_22594839.jpg
d0200635_230134.jpg
d0200635_2301872.jpg
d0200635_2303073.jpg
d0200635_2303868.jpg

ジオラマの発想で印象的なのが、このサンダーバード2号でした♪
d0200635_2304615.jpg

女性兵フィギュアの塗装で、これは秀作ですね!
d0200635_2305525.jpg
d0200635_23133.jpg

JBDを製作中なもんで、1/700ニミッツに関心がw
d0200635_2311640.jpg
d0200635_2312578.jpg
d0200635_2313318.jpg
d0200635_2314067.jpg
d0200635_231483.jpg

遊び心たっぷりの、この作品には、思わずニヤリでしたw
d0200635_2315978.jpg
d0200635_23281.jpg


エアモデルもたくさんありましたが、
正直凄いって報告したい程の作品には出会えなかったようなemoticon-0127-lipssealed.gif
全般的にクリアーの厚塗り作品が多かった印象で、ちょっと残念です。
でも、拙者よりはずっと上手なのはもちろんなんですが (~_~;)
来年は出品してみよっかなあーーなんてねemoticon-0116-evilgrin.gif
[PR]
# by wanko1181 | 2012-08-20 23:25 | HME2012 | Comments(2)
アクビしながらも、なんとかこんな感じにできましたw
d0200635_22242831.jpg
d0200635_22243755.jpg

細いパイプ状のものは、冷却パイプです。
加工が難しいだろうからと作らないつもりでしたが、
勢いで組み込んじゃいましたw

次はほんとに難しいかもと腰の引けるアーム類の加工なんだよなあw
[PR]
# by wanko1181 | 2012-08-15 22:27 | A-6A intruder | Comments(0)
いよいよJBDの制作を開始しました。
できるだけ再現しようと思いますが、どうなることやらw
d0200635_20142938.jpg

d0200635_20375087.jpg

d0200635_20372398.jpg

開閉リンクを再現するには、部品の加工精度が難しくなりますが、レッツトライでw
まずは、タミヤプラバン1.2mmのB4サイズを4枚、1.0mm板で裏付け接着し、B2にします。
d0200635_2022928.jpg

ジオラマベースには、アルミポスターフレームがいいかなと♪
d0200635_20221934.jpg

JBD分を切り出して、表面のパネルをスジ彫しました。
d0200635_20241737.jpg

で、予想はしてましたが、根気のいる作業開始です。
d0200635_20243653.jpg

裏のフレームをできるだけ隙間のできないように切り出して接着していきます。
約8時間かかって、まだこんな状態w 飽きてきたwww
気分転換に乗せてみました
d0200635_20282319.jpg


かなりアホな自己満足な世界ですが、「ほっといてください!」 (~_~;)
[PR]
# by wanko1181 | 2012-08-12 20:31 | A-6A intruder | Comments(4)
なるべく¥をかけないで、
それなりの精度を保って、
Plane達がそれなりに写真映えするような
それなりの恥ずかしくない構図で、
等というように、ジオラマベースとしてのフライトデッキ制作を
時間をかけた割に
こんな感じでいいんじゃないかい?と妥協したプランがこれです。

d0200635_217133.jpg

d0200635_11282167.jpg


最も苦労したのは、バッドアイやJBD、カタパルト、ラインマーキングなどなど
諸元寸法と相互位置関係の割出しでした。
広大なデッキ上のこと故に、各種写真は斜め位置しか見当たらず。
前回に紙の下敷シートとした資料も、実艦写真と比較すると、あちこち適当なことが判明w
1/700キットを購入して調べようかと思い立つも、¥6000クラスだし、
何といっても1/700、72サイズの基本資料には「ちょっとなあ」の域w
1/350ならば、それなりですが¥12000クラスで、しかも1m超サイズ!
で、どうしたかというと、Webで見つけたSkunkmodel48キットの説明図をラスターデータにし、
CADで計測・作図して手掛りとし、実艦写真を計測してレイアウトした訳ですw
実艦と食い違うところもあり、そこはモチ本物に沿って修正です。

ジオラマサイズはB2のビッグサイズにしようと思います♪ ワイルドだろ?w
これなら余裕で2機配置できますし、デッキクルーもセーフティゾーンで待機できます。
アレスティングフックの近いNo3カタパルトでのレイアウトも検討しましたが、
右舷側にはタワー・左舷側は舷側が近く、ジオラマとしては非常に難しくなります ゚(゚´Д`゚)゚
 (72でタワーと舷側器具類もつくればあ?なんてワイルド過ぎます はいw)
本プランでのNo2カタパルトであれば、レイアウトの自由度が広いです。
右舷のNo1エレベーターラインが少しでもかかればなと思いましたが、
B2サイズでも、JBDをメインにすると、さすがにカバーは難しく、断念しました。

レイアウトがほぼ確定できたので、次回からはいよいよ制作スタートできます♪
どうなることやらですが、期待しないで長い目で見てやっておくんなせぇ (=・ω・)ノ
[PR]
# by wanko1181 | 2012-08-03 21:51 | A-6A intruder | Comments(4)
A-6は、フライトデッキ構想で思案中ですw
次回作の候補にこれをゲットしました!

d0200635_22103868.jpg


Satoshi(Vapor Trails)さんのブログで新生エアの赤箱スピットの作例感想から、
かなり良くなってきているとのことで、ゲットしてみました。
中身はこんな感じです。
d0200635_22142926.jpg

CAD金型になってるようで、パーティングラインは薄いし、モールドもなかなか♪
そしてデカール これ、シルクスクリーンでは?
d0200635_22162194.jpg

デカールにはSILK表示ないですが、箱をよく見ると、
小さく「cartograf」とありました (~_~;)

ただ残念なのは、下記の点です。
①脚が細くて強度を優先したためか、前脚がタイヤと一体化してますなw
②スラットが別パーツだが、フラップが薄く上下一体なので、分離は困難w
③マーキングがVA-95(NAVY)と第5航空部隊(アルゼンチン)の2種のみ
まあ、フジミのも店頭在庫のみだから、おのずとサードデカールも品切れなのですよw
それでも、このクォリティでシナー方面キットの半額未満ですから、立派です!
某国内メーカーさん、エアフィックスの頑張りをどう見ているんでしょうねwww
ま、このキットは難しいこと考えないで、サラッとウィークエンドモデリングには
ちょうど良いかなと思います(~_~;)
[PR]
# by wanko1181 | 2012-07-24 22:31 | A-6A intruder | Comments(2)
下部アンテナ類をまだ付けてませんが、95%完成ってことでお披露目しますw
A-6A Intruder U.S.NAVY Fujimi 1/72

d0200635_20191887.jpg


1. VA-165 "Boomers"CAG.Cdr.Rod Hawkson in1972 at Vietnam
d0200635_20194460.jpg

d0200635_20195587.jpg


2. VA-52 "Knight Riders" CAG. Cdr.Jim Mckenzie in 1969 at Vietnam
d0200635_20201985.jpg

d0200635_20202925.jpg

d0200635_20203953.jpg


両機とも前方胴体側の爆弾を付けていませんが、これは実機に沿ったものです。
小さいMk.81なら良いのでしょうが、Mk.82以降だと取付作業時に脚庫扉と干渉したようです。

簡易なデジカメですが、写真で見ると、やはり気付かないタッチアップ箇所が出てきますね ><
それらを修正し、天気の良い日に屋外撮影して追加アップしますんでw

制作後の感想としましては、
 ・古いキットで金型の疲労もありますが、細かい点はさて置きA-6の特徴をうまく捉えているキットです。
 ・キャノピーはスライド金型ですが、歪みが大きくレンズに(´;ω;`) 修正に根気がいりました。
 ・上記のような諸欠点はありますが、72のA-6としてはベストキットだと思います。

フライトデッキ、できればJBDでのジオラマ作成を企んどります(*´д`*)
これがあれば、NAVY機のスタジオベースとしてヘタレ作品でも多少は見栄えが良く?w
スカンクモデルでキットが出てますが、48ですし品切れ中ですし(~ω~;)))
なわけで、DIYになりそうです。写真の下地絵は、資料収集中の図を簡易プリントしたものなのでしたw
ではまた(´ー`)/~~
[PR]
# by wanko1181 | 2012-07-22 20:49 | A-6A intruder | Comments(8)
大雨で被災なさった各位に、心からお悔やみ申し上げます。

A-6の制作は、まったりと進めてますw
VA-165のほうは、細かいタッチアップを残すまでにできました。
d0200635_23242554.jpg

d0200635_23244755.jpg

d0200635_2325065.jpg


VA-52のほうは、兵装を装備中です。
d0200635_2326846.jpg

d0200635_23265784.jpg


兵装ラックに各爆弾を綺麗にガッチリと接着するのって、結構根気がいります ><
VA-165のほうがイマイチな戦訓から、ピンバイスで削穴して真鍮線の取付作業をとw
d0200635_23315262.jpg


もうひと踏ん張りです。出来は今ひとつですがwww
[PR]
# by wanko1181 | 2012-07-18 23:33 | A-6A intruder | Comments(2)
ウォークウェイのデカールは大きめになっていて、
主翼のパネルラインと胴体の曲線形に沿って切り取らなければなりません。
経年変化で、デカールが劣化しているようで、
説明書では20秒ほど水に浮かべてとの指示ですが、3秒ほどで台紙から浮きますw
糊も弱くて、小さなステンシルは、不用意に触ると剥がれちゃいますw
ですから、マークセッターを塗ったのですが、原液だと効きすぎてシワが戻りません(涙)
仕方なく、水で薄めて様子を見ながら数回塗布していますw
d0200635_22492554.jpg

ナイトライダーの方は、まだ貼り付け始めた状態です。
どちらも、垂直尾翼先端の衝突防止灯がスズメバチ及び騎士の目となるデザインですが、
周囲を塗装でカバーしなければなりません。
ナイトライダーの方は、ブルーなので、調色しなくっちゃねw
d0200635_22532947.jpg

d0200635_22542152.jpg

ま、焦らずにまったりと進めますよw
[PR]
# by wanko1181 | 2012-07-08 22:56 | A-6A intruder | Comments(0)
機体へデカール貼りを開始しました♪
が!しかし!
塗装説明図を何気なく見てて、
「あれまっ!」に今頃気づいたヘタレ犬です(汗)
それは、スタビレーターの上面色。
思い込みというのは恐ろしいもので、
「機体上部色と同じに決まってらぁな」とろくに確認してなかったのよんw
ところが、イントルーダーのハイビジは下面色なんですなあ、これがw
仕方なく再塗装をする羽目に ><
なーにやってんだかwww
とりあえず、こんな感じになってます。
d0200635_2146929.jpg

d0200635_21463963.jpg

[PR]
# by wanko1181 | 2012-07-05 21:47 | A-6A intruder | Comments(4)
各部のタッチアップと細部の塗分け後、スミ入れした状態です。
d0200635_224924100.jpg

各爆弾にはデカールがありますが、シルバリング必至でしょうから
どうしたものかと・・・クリアーが厚塗りになるだろうなあと・・・

d0200635_22544258.jpg

d0200635_2255160.jpg

d0200635_2256432.jpg

F-Down機にもスミ入れしてみましたが、フラッシュで良くわかりませんねw
機首の受油プローブが取れちゃいましたw
やっぱり最後に接着だったかなあw
せれでも、一応はサマになってきたかなってとこです。
D-UP機の方は、これからです。
[PR]
# by wanko1181 | 2012-06-28 23:01 | A-6A intruder | Comments(2)
少し制作が進みました。
機体の基本塗装をしました。
両機とも機体上面は#315グレーFS16440がキット指示ですが、
72では明度があり過ぎるようなので、#11ガルグレーにしてみました。
蛍光照明下では暗い感じですが、日光下で丁度OKになるはずですw
機体下面は、指示通りの#316ホワイトFS17875です。
d0200635_21595438.jpg

VA-52KNIGHT RIDERSのノーズ塗装色ですが、キットは#318レドームの指示ですが、
1968年の実機写真を見つけまして、実機の雰囲気とするべくフラットブラックにしました。
調べてみると、酷暑のベトナム戦での教訓からレドーム色に変更したようです。
塗り分け位置や塗装色は、各飛行隊でバラエティーがあるようで、さすがアメリカだなとw

各種付属パーツも基本塗装しました。
d0200635_2234977.jpg

機体もこれら付属パーツも、これからタッチアップと細部塗装の作業が残っています。
d0200635_2263676.jpg

アビエーター 「ヘイ相棒、俺ら いつになったら搭乗できるんだい?」
爆撃手「zzzzzzzzzz・・・・・・」
[PR]
# by wanko1181 | 2012-06-22 22:08 | A-6A intruder | Comments(6)
爆弾類は塗装して養生中なので、次いきます。
キットの主脚パーツは、古いキットなのに、なかなか気合入ってますね♪
残念なのは、オレオ取付位置がアブソーバーの伸縮部になっていることですね。
d0200635_2257166.jpg

まあ、見えにくい位置ですから、素組なら目くじらたてるようなもんじゃないです。
が。フラップダウン機には、カタパルト発信直前のニーリング状態を再現してみようかな?なんて
企んでるもんですから、一旦切り離して高さを低くしてみましたw
ついでにD-UP機の方も修正します。こちらは、脚長を保つため、真鍮パイプに置換えてます。
ちょっと芯がそれちゃったかなw
d0200635_2301824.jpg

イントルーダーは、脚関係もメカニカル剥き出しのリンク機構や複雑なパイピングで、
どうオミットして表現しようかと写真と睨めっこしてましたが、こんなもんで妥協ですw
そして、主脚庫ドアです。
わんこスタンダードの薄々攻撃です。
d0200635_2344294.jpg

斜め横からなら気にならなくても、正面から見るとエッジの厚みで模型然となってしまいます。
新しい平刀でなぞる様に少しづつ薄くしていきます。
力が入ると刃先がそれて あれま!となりますw(1個失敗してプラ板で修復しました)。
ここにもメカニカルなリンク機構の金具がありますが、さすがにキットは省略しています。
0.14ミリプラペーパーを加工して取付けてみましたが、さすがに小さくて難儀しましたw
d0200635_23132034.jpg

d0200635_23203122.jpg

左2個が左端に、右2個は右端に付けてますが、見えにくかったですねw
で、ドアヒンジがなくイモ付けなので、真鍮線とプラ小片でヒンジをつけてみましたw
あとはこれらの小物類を塗装し、本体塗装へと突入の予定です♪
[PR]
# by wanko1181 | 2012-06-07 23:20 | A-6A intruder | Comments(4)
攻撃機キットの魅力は、何といっても兵装でしょう♪
キットに付いてる爆弾はMk.81が12個ですが、ちょっと調べてみたら
Mk.81はベトナム戦争の初期に使用しましたが、効果不足であったことから
すぐに使用を中止し、AGM-12ブルパップなどの新型を検討する方向に切替えました。
アメリカ軍が直接介入したのは1964年で、作ろうとしている機は
VA-52ナイトライダーが1969年、VA-165ブーマーズが1972年の時点ですから、
MK.81を搭載した状態はそぐわなくなってしまうわけです ><
そこでハセガワウェポンセットから、Mk.82爆弾をチョイスすることにしました。
VA-52にはMk.82とMK.83を搭載させ、
VA-165にはMk.82SEスネークアイと延長信管を付けたMk.82FEとMk.84にしようと思います。
USNAVYでのAGM-62等の本格的な運用は1974年からなので、
残念ながら(パーツ加工が割と楽なのです)、今回の機体には使えません。
一応、燃タンを含めた搭載重量を確認してみましたが、イントルーダーの最大ペイロードは
燃料満タン状態でも、なんと8500kgもありまして、どちらも楽勝で搭載できます♪
で、パーツをシコシコと整形してきたわけですが、これが苦行でしたw
モールドのズレがありまして、特に信管部は小さくて気を抜くと切り落としそうになります ><
これが2機分ありますから、1個整形するたびに溜息がでましたw
やっとこさで、兵装類のサフ吹き工程です♪
d0200635_22162338.jpg

次回更新時には、主脚類のD-UPをお見せできるかなw
[PR]
# by wanko1181 | 2012-05-31 22:16 | A-6A intruder | Comments(7)
d0200635_15272813.jpg

さて、これはなんでしょう?
これですw
d0200635_15282927.jpg

ホワイト塗装で、良く見えなくなっちゃいましたねw
実機写真で、取付けてる機体と、無い様な写真とがあって迷ってた箇所なんです。
というのも、明らかに装着しているのがEA-6Aで、レドームが大きくなったから当然として、
鮮明な写真の多いE型にも確認できるのですが、はたして当初からA型にも?と。
悪いことに、当初レドームはフラットブラックなので、尚更見えにくいのです。
現在制作している機体は、VA-52ナイトライダー1969年、VA-165ブーマーズ1972年ですが、
どちらもレドームはブラックじゃないので、チャームポイントとなる訳です。
ちなみにVA-52はレドーム色で、VA-165はグレーとホワイトの塗り分けです。
当時の各実機写真をネットで確認できましたので、制作に挑戦しました(ちぃーせぇーですw)

次はパイロンとエジェクターです。
d0200635_15425638.jpg

攻撃機の魅力は、何といっても爆装だと思っていますので、
雰囲気を再現できればなとw
あまり効果ないか・・・
[PR]
# by wanko1181 | 2012-05-26 15:49 | A-6A intruder | Comments(2)