ブログトップ

わんこのヘタレ模型

wankomokei.exblog.jp

プラモ製作記

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

各部のタッチアップと細部の塗分け後、スミ入れした状態です。
d0200635_224924100.jpg

各爆弾にはデカールがありますが、シルバリング必至でしょうから
どうしたものかと・・・クリアーが厚塗りになるだろうなあと・・・

d0200635_22544258.jpg

d0200635_2255160.jpg

d0200635_2256432.jpg

F-Down機にもスミ入れしてみましたが、フラッシュで良くわかりませんねw
機首の受油プローブが取れちゃいましたw
やっぱり最後に接着だったかなあw
せれでも、一応はサマになってきたかなってとこです。
D-UP機の方は、これからです。
[PR]
by wanko1181 | 2012-06-28 23:01 | A-6A intruder | Comments(2)
少し制作が進みました。
機体の基本塗装をしました。
両機とも機体上面は#315グレーFS16440がキット指示ですが、
72では明度があり過ぎるようなので、#11ガルグレーにしてみました。
蛍光照明下では暗い感じですが、日光下で丁度OKになるはずですw
機体下面は、指示通りの#316ホワイトFS17875です。
d0200635_21595438.jpg

VA-52KNIGHT RIDERSのノーズ塗装色ですが、キットは#318レドームの指示ですが、
1968年の実機写真を見つけまして、実機の雰囲気とするべくフラットブラックにしました。
調べてみると、酷暑のベトナム戦での教訓からレドーム色に変更したようです。
塗り分け位置や塗装色は、各飛行隊でバラエティーがあるようで、さすがアメリカだなとw

各種付属パーツも基本塗装しました。
d0200635_2234977.jpg

機体もこれら付属パーツも、これからタッチアップと細部塗装の作業が残っています。
d0200635_2263676.jpg

アビエーター 「ヘイ相棒、俺ら いつになったら搭乗できるんだい?」
爆撃手「zzzzzzzzzz・・・・・・」
[PR]
by wanko1181 | 2012-06-22 22:08 | A-6A intruder | Comments(6)
爆弾類は塗装して養生中なので、次いきます。
キットの主脚パーツは、古いキットなのに、なかなか気合入ってますね♪
残念なのは、オレオ取付位置がアブソーバーの伸縮部になっていることですね。
d0200635_2257166.jpg

まあ、見えにくい位置ですから、素組なら目くじらたてるようなもんじゃないです。
が。フラップダウン機には、カタパルト発信直前のニーリング状態を再現してみようかな?なんて
企んでるもんですから、一旦切り離して高さを低くしてみましたw
ついでにD-UP機の方も修正します。こちらは、脚長を保つため、真鍮パイプに置換えてます。
ちょっと芯がそれちゃったかなw
d0200635_2301824.jpg

イントルーダーは、脚関係もメカニカル剥き出しのリンク機構や複雑なパイピングで、
どうオミットして表現しようかと写真と睨めっこしてましたが、こんなもんで妥協ですw
そして、主脚庫ドアです。
わんこスタンダードの薄々攻撃です。
d0200635_2344294.jpg

斜め横からなら気にならなくても、正面から見るとエッジの厚みで模型然となってしまいます。
新しい平刀でなぞる様に少しづつ薄くしていきます。
力が入ると刃先がそれて あれま!となりますw(1個失敗してプラ板で修復しました)。
ここにもメカニカルなリンク機構の金具がありますが、さすがにキットは省略しています。
0.14ミリプラペーパーを加工して取付けてみましたが、さすがに小さくて難儀しましたw
d0200635_23132034.jpg

d0200635_23203122.jpg

左2個が左端に、右2個は右端に付けてますが、見えにくかったですねw
で、ドアヒンジがなくイモ付けなので、真鍮線とプラ小片でヒンジをつけてみましたw
あとはこれらの小物類を塗装し、本体塗装へと突入の予定です♪
[PR]
by wanko1181 | 2012-06-07 23:20 | A-6A intruder | Comments(4)